マスコミが語らない「みんなの党」のことを掲載しています。

みんなの党 研究所
みんなの党 渡辺喜美 江田憲司 浅尾慶一郎 山内康一 柿沢未途 寺田典城 区議・県議
リンク

渡辺喜美、小川敏夫の競馬サイト閲覧の件で勇み足

2012年3月2日、小川敏夫法相が国会の委員会室内で党首討論が始まるまで自らの携帯電話で競馬サイトを見ていたことが報じられました。
自分の馬の調教が気になったようです。

小川法相、党首討論直前に競馬サイト閲覧 - MSN産経ニュース
(魚拓)

この件で重要なところは「討論が始まるまで自らの携帯電話で競馬サイトを見ていた」ことです。
党首討論中には見ていないのです(本人が否定している)。

小川敏夫の行動は議員のモラルの観点からはあまり良い事ではありませんが、そこまで声を大きくして騒ぐ問題ではありません。
(党首討論中にも携帯電話でサイトを見ていたのなら問題ですが)

しかし、渡辺喜美はこの件をよく理解できていなかったようです。
この件に関して「緊張感もまったくない。競馬のガチンコレースの方が、できレースの党首討論よりも面白いということを証明してしまったということだろう」と発言してしまったのです。

法相の競馬サイト閲覧「党首討論より競馬の方が面白い」 みんな・渡辺代表 - MSN産経ニュース
(魚拓)

前述したとおり、小川敏夫は党首討論中に競馬サイトは見ていません。
見ていたのは党首討論が始まるまでの間です。
しかし、渡辺喜美のこの発言は明らかに「党首討論中に見ていた」という前提の発言です。
この件の詳細を知らずに発言したことがよくわかります。

渡辺喜美は自民党の谷垣禎一と民主党の野田佳彦の極秘会談に引っ掛けたくてこのような発言をしたのでしょう。
しかし、小川敏夫の行動をしっかり理解していないため、このような事実とは異なる情報が入った発言をしてしまいました。

緊張感がないのは渡辺喜美では?
inserted by FC2 system