マスコミが語らない「みんなの党」のことを掲載しています。

みんなの党 研究所
みんなの党 渡辺喜美 江田憲司 浅尾慶一郎 山内康一 柿沢未途 寺田典城 区議・県議
リンク

浅尾慶一郎の1000万人移民受け入れ構想

浅尾慶一郎 1000万人移民受け入れ構想

上の画像は2003年9月号 月刊Voiceの切抜きです。
「1000万人移民受け入れ構想」という衝撃的な見出しがあります。

浅尾慶一郎はこの「1000万人移民受け入れ構想」を提言している一人です。
この構想は非常に大きな問題を抱えていることを知ってください。

シンプルに考えてください。
いきなり日本に1000万人の外国人がやってきたらどうなるでしょう?
(いきなり1000万人の外国人が来るということはありえませんが…)

治安は?雇用は?居住区は?…
もうこれだけの問題が出てくるのです。

日本は外国人の犯罪が多い国です。
この「外国人」は中国人と韓国人が多くを占めます。
日本が移民を受け入れれば、隣国の中国と韓国の移民が大量に流れてくるのは必然です。
しかも、中国は移民を国家単位で推進しています。

次に、1000万人の移民がきた場合にこの人たちの権利はどうなるでしょうか?
日本人と同等の権利を求めてくるのは当然で、そうなると参政権も与えなければならないことになりかねません。
これは外国人参政権の問題とリンクしてきます。

外国人参政権は民主党の「日本解体法案」の1つです。
この構想の提言時は浅尾慶一郎は民主党だったので納得できます。

仮に「1000万人移民受け入れ構想」が実現した場合、日本は中国の自治区になる可能性もあるのです。
外国人参政権のことを一緒に考えると理解できると思います。

いまだに「夢物語」のように考えている人がいますが、竹島は既に韓国人に占拠されています。
また、対馬も韓国によって非常に危険な状態にあります。
尖閣諸島も中国の手が伸び、多くの日本人は移民構想が浅はかな考えだと理解しています。

inserted by FC2 system