マスコミが語らない「みんなの党」のことを掲載しています。

みんなの党 研究所
みんなの党 渡辺喜美 江田憲司 浅尾慶一郎 山内康一 柿沢未途 寺田典城 区議・県議
リンク

山内康一「中国が日本に攻め込んだことはありません。第三者的に見たら日本は好戦的な国」

2013年5月7日の山内康一の「麻生副総理の歴史観」という記事がいろいろな方面から批判されています。

麻生副総理の歴史観: 山内康一 の「蟷螂(とうろう)の斧」
(魚拓)

問題となっている部分を抜粋します。
1500年の歴史の中には、第二次大戦、日清戦争、豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)、倭寇など、日中で戦ってきた歴史もあります。

振り返ると日本が中国に攻め込む例ばかりです。元寇は「中国」とは言えないと思いますので、中国が日本に攻め込んだことはありません。

第三者的に見たら「日本は好戦的な国だ」と思い、中国の被害者としての側面に目がいくでしょう。

国際的には、日本人自身が思っているほどには、日本は平和愛好国とは見なされてないでしょう。

「元寇は「中国」とは言えないと思いますので、中国が日本に攻め込んだことはありません。」という部分ですが、全く意味がわかりません。
山内康一の勝手な解釈に過ぎませんし、この発言は中国にも失礼です。

そして、元寇で対馬の人たちがどのようなことになったかを知っていれば、このようなことは書けません。
もし知っていてこのようなことを書いたのならば、山内康一は売国奴と断言してよいでしょう。


ご存知の通り、中国はチベットやウイグルへの弾圧を行っています。
南沙諸島ではフィリピンと争っている状態です。
他にも無数の侵略に近い行為を行っており、中国は世界でも有数の「好戦的な国」なのです。

山内康一は安倍政権を批判するために考えて考えた結果、このような無知なことをブログに書いたのでしょう。
しかし、山内康一は過去にもブログで日本国民に理解し難い記事を何度も書いており、どんどん左翼思考が表に出てきています。
2013年の参院選では「みんなの党には山内康一という左翼がいる」と理解したうえで投票に行きましょう。

inserted by FC2 system